FC2ブログ

密漁 Part 1

20080726101630
7月18~20日 快晴 32~33度

事情があり詳しい釣行先は明記出来ませが

昨年から伊豆に釣りとキャンプにいいところがあるから行こうと誘われていた。手ぶらでいいと言うし、じゃと言う事でお供した!

食材を買いたした後、国立ICを夜22時スタト、運転手はHさん、後ろの席に奥様のE子さん、NOナビ(これが帰りに珍道中になるとは誰も予測出来なかった)の為に、若干のロスはあったが楽しい道中だった

25時半、とある港町の民家を抜け、水門から防波堤の中に入る、大型船が接岸するバースに到着、ここがその目的地らしい・・・・・・・・・先発組3人は既にベルトコンベアーの建物の影でランプを灯しテンションの上がらない「安着祝い」中、我々も先ずは濃い目の芋焼酎水割りをグビ~ゥとあおり溜飲を下げる。

到着してすぐに防波堤に伊勢エビ用の寸胴の籠(この釣法はご法度で、捕まれば罰金らしい)を3個も紐で縛り沈めた。(餌は生イカとさんま…出来るだけ腐りかけが喰い付きがいいらしい)

不眠不休で釣りをすると言っいた通りHさんは、白々として来た四時半頃には竿を出していた。

その頃、私は一人用テントで蚊と格闘しながら就寝・・・・・2時間程した6時半、やんちゃなSさんにテントごと揺すられ起こされた。眠いが不思議と笑ってしまう!

朝食は焼き肉とビール・・「エェ~朝から焼肉かよ・・」 と思ったが、これが朝日の中では、なかなかイケるから不思議!
全ての食事担当をやって頂いたE子さん、H子さんホントにありがとうございました。

炎天下で日蔭も無いバースで仕掛けを投げ、リトリーブを繰り返す・・ククッ・・竿先が揺れ
キラッと光る15?前後の白キスが、たま~に、釣れる。
そのうえエラソーなヨットが、我が物顔で我々の竿先に接岸してスクリューに糸を巻き込み知らんぷり
「ど~言う連中なんだ~一声かけんか~ぁ?」を
グッと我慢・・・・午前中3人で 3~4匹。思った程釣れません。まして昼飯の天麩羅には程遠い!!

午後からも同じような調子で夕暮れを迎えた・・・
夜20時過ぎ 人気を気にしながら伊勢エビ籠を引き揚げた・・・・
いたいた、紛れも無い・伊・勢・エ・ビ・だ。

以前は食べ切れないくらい捕れたらしい、
その後、夜中に何度か籠を引き揚げてみたが ・・・結果はNO・GOOD!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

sorara

Author:sorara
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード