FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密漁 Part 1

20080726101630
7月18~20日 快晴 32~33度

事情があり詳しい釣行先は明記出来ませが

昨年から伊豆に釣りとキャンプにいいところがあるから行こうと誘われていた。手ぶらでいいと言うし、じゃと言う事でお供した!

食材を買いたした後、国立ICを夜22時スタト、運転手はHさん、後ろの席に奥様のE子さん、NOナビ(これが帰りに珍道中になるとは誰も予測出来なかった)の為に、若干のロスはあったが楽しい道中だった

25時半、とある港町の民家を抜け、水門から防波堤の中に入る、大型船が接岸するバースに到着、ここがその目的地らしい・・・・・・・・・先発組3人は既にベルトコンベアーの建物の影でランプを灯しテンションの上がらない「安着祝い」中、我々も先ずは濃い目の芋焼酎水割りをグビ~ゥとあおり溜飲を下げる。

到着してすぐに防波堤に伊勢エビ用の寸胴の籠(この釣法はご法度で、捕まれば罰金らしい)を3個も紐で縛り沈めた。(餌は生イカとさんま…出来るだけ腐りかけが喰い付きがいいらしい)

不眠不休で釣りをすると言っいた通りHさんは、白々として来た四時半頃には竿を出していた。

その頃、私は一人用テントで蚊と格闘しながら就寝・・・・・2時間程した6時半、やんちゃなSさんにテントごと揺すられ起こされた。眠いが不思議と笑ってしまう!

朝食は焼き肉とビール・・「エェ~朝から焼肉かよ・・」 と思ったが、これが朝日の中では、なかなかイケるから不思議!
全ての食事担当をやって頂いたE子さん、H子さんホントにありがとうございました。

炎天下で日蔭も無いバースで仕掛けを投げ、リトリーブを繰り返す・・ククッ・・竿先が揺れ
キラッと光る15?前後の白キスが、たま~に、釣れる。
そのうえエラソーなヨットが、我が物顔で我々の竿先に接岸してスクリューに糸を巻き込み知らんぷり
「ど~言う連中なんだ~一声かけんか~ぁ?」を
グッと我慢・・・・午前中3人で 3~4匹。思った程釣れません。まして昼飯の天麩羅には程遠い!!

午後からも同じような調子で夕暮れを迎えた・・・
夜20時過ぎ 人気を気にしながら伊勢エビ籠を引き揚げた・・・・
いたいた、紛れも無い・伊・勢・エ・ビ・だ。

以前は食べ切れないくらい捕れたらしい、
その後、夜中に何度か籠を引き揚げてみたが ・・・結果はNO・GOOD!!
スポンサーサイト

磯遊び Part 2

img src="http://blog-imgs-19.fc2.com/s/a/s/sasakinobu/20080726101502.jpg" alt="20080726101502" align="left" border="0">
7月18~20日 快晴 32~33度

伊豆二日目

今日は朝から曇り空!

昨日の要領で白キスを狙う・・・・

今日は一投一尾の爆釣、型も20?超がボチボチ、そばを通るおっちゃんも「ほお~っ」 と言いながら通り過ぎて行く。

到着してから飲むか寝るかだけのSさんが〇〇の入った籠をもって近寄って来た。

そこの磯(テントから100mのところ)で今捕って来たと言う

竿をほうり出し、
Hさんと磯へ入った、しかし一人前にな格好で潜るが、そう簡単に素人に簡単に見つけさせてくれる訳がない、それでもシッタカはポケットに入りきらない程、捕れた、・・・・・
透明度7~8m前後、海が綺麗なのにはびっくり、イサキなど、まあまあサイズの魚が手の届くところまで寄ってくる
モリがあれば・・・・・

「ホントかよ! なんで??みんなここを知らないの??」我々以外誰も居ない・・・・

次回ここ来たら、何をするか決まった!

夜22時撤収し、Sさん達よりひと足先に帰路へ・・・・・標識を見てないのか?方向音痴なのか、気が付けは静岡方向に向かってどんどん進んでいた・・・普段温厚なHさんが、あんたのせいだと言わんばかりの雰囲気。トイレに行きたくなり、「東田子の浦」駅で地図を見て、やっとUターンして軌道に乗る。・・・・・・・・・・・タフガイHさんも高速道路に乗った頃にはオネムが来たらしく!代わりにハンドルを握る。
明日が休みでよかった!

相模レイクCC

20080726101431
7月18日 晴れ一時雨

相模レイク

5時、ピックアップの為、Sさん宅へ向かう。

今日のメンバーは、ほとんどが業界の内々の方々だが、きっちり接待です!

メンバーの中になかなか簡単に勝たせてもらえない天敵が3人いらっしゃる。
38・44

どうした? ささき!

天敵のうち、2人はクリアー

今夜から伊豆西海岸に釣り&キャンプに出かけるので 寄り道しないで帰宅。

赤いアウディとチョンボ

20080722172218
7月13日 快晴猛暑 32度

暑い!・・・しかし家ではよほど暑くない限りクーラーをつけない

そのため同居者チワワ二匹は暑くて眠れないのか?
外の物音にいちいち 反応する
それでも普段は気にせず朝まで起きないが・・・・・・・・・・・未だにゴルフの日は違う、寝たような寝ないような、どうも二匹の声が気になる。そうこうしている間に白々と夜が明けた。
少し早いが起きるかぁ~。

仕度を終え、4時40分マンションの下を覗くと既に5時約束の本日の同伴者競技者Hさんが、年甲斐もなく最近買った真赤なアウディ・TTとやらを磨きがら待っているのが見えた!
こう言っては何だか、彼は普段、身の回りがだらしないので有名な人(本当だからしょうがない)
さっそく助手席に乗り込み走り出すが 案の定4000?しか走ってないのに車内はとてつもなく汚い
暫くして圏央道に入ったが、後続車にどんどん追い抜かれる・・・
どうやらこの手の車を買った割にはスピードが苦手らしい(笑)。

たまり兼ねて関越に入りすぐの高坂SAで交代させてもらい、オービスの位置と覆面パトカーを気にしながら 220?まで一気に加速・・・確かにスゲー!

車の持ち主は下を向いて「ゃ・・やや止めてくれ」と顔を上げようとしなかったが、充分楽しませてもらいました・・・

6時20分高崎サンコー72に到着

みんな朝早いのに、がんばって来られていました!
ギックリ腰をかばいながらプレーしたのが幸いしたのか、46・39・85
と上出来の49人中、19位。

話は違うが「アノおやじまたやったョ!』
詰まり気味のプレー中、ホールアウト後の、ショートホールの土手の上で見てはいけないもの見てしまった・・・・・・後続組の中にグリーンに乗ったボールがパターもしてないのに、ボールに触るたびに、やたらとカップに近付く人(普通マークは、ボールのすぐ後ろに置くが、この人はボールの1~2m先に投げ、何食わぬ顔でボールを拾う)が居る・・・・前の組で見ていて分かるのに、同伴者が分からない訳がないのに何故注意しないのだろうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・実はこの方とは、以前同じ組で回った事が有るが実際は中々言えるものではない!・・・しかしせめてコンペの時くらいは止めろよおやじ!

・・帰り道は、巡行80?の車の中で揺れながら爆睡。

磯釣り

7月6日 雲のち晴れのち霧 31度

昨夜Hさんが、「明日一人で三浦半島か、真鶴に磯釣りに行こうと思っている」・・・・と言っているのを、「磯釣りねぇ~!」と余り興味なげに聞いていた。


・・・・・翌朝7時ちょいすぎ、目が覚め外を見ると、ジメーッとした梅雨空、今日一日の予定は、ちびっこ二匹(チワワ)の散歩、爪切りとシャンプーの予定しかない

ゴロゴロしていても、昨日のゴルフの疲れが(森林公園CC46・48・94)とれる訳もなく、それでも反省に練習場にとも思ったが、腰の具合もイマイチで気乗りせず・・・・

・・・・Sさんに冷やかし半分で、「今、どこの磯?まさか未だ布団の中じゃないよね」 の返信に・・・・・・・・・・・・・「そのまさかです」(笑)だと

「じゃ これからどっか磯釣りにでも出掛けますかぁ~~~。」で決まり。

かわいい同居者二匹から上目使いで見送られながら、8時15分には手ぶら・半パン・Tシャツどう見ても朝の散歩にしか見えない格好で、三鷹駅北口でピックアップして貰う、「で・・どこ行く?」・・

じゃ~と、二人共行った事がない、しかも三浦半島の中でもっとも人気のある(?)観光地、城ケ島に決まる!

調布IC →首都高→横横→三浦縦貫およそ100? 日曜日の朝だけにガラガラ、1時間半の渋滞無しの快適ドライブ、さすが南の町らしく街路樹がガジュマロ?・・・多分違う?!

島へ着いて、Hさんは「先ずは地元の釣り具屋で情報を聞かなきゃ~」と、焼酎焼けか、潮焼けか、真っ黒けの顔した店の親父と、「メジナだ、アジだ、磯が、岸壁が、底が、フカセが??」・・・・・・Hさん中々詳しそうな会話??でもホントは、「海の家」の横っちょの堤防からでは、なかなか簡単には釣れるとも思えない。

だから釣るまでの過程と、能書きを楽しむ、また、それもまた釣り成り。(まるで釣る気なし)

それにしても、城ケ島に行ってみて感じたのは、むかし育った40数年前の広島の海の臭いがする懐かしいところだった!

要するに田舎だ!

結局、ネンブツダイ(別名=北枕)とか言うらしい餌取り、二匹だけ、隣り合わせたおじさんとの世間話しも飽きて・・・・・「竿を見ててくれますか?」と頼み・・・・・・・・・・、一見、出戻り風の170㎝オーバースレンダー美人のお姉ちゃんがキビキビ働く食堂で、お決まりのビール+ラーメンを注文・・これが国分寺駅前の屋台に負けないくらい、素朴的に旨い!
・・・店を出て駐車場の番をしているおばさんに、さりげなく聞く~カンバン娘さんだけど、一人身じゃないよねぇ~?

ち・が・う・よ〓近所に住んで居て旦那が居て、ガキも二人居るよ、今日は手伝いに来てるだけだょ~だって・・だよね、失礼しました。

腹ごしらえも終え、堤防に戻るが、ウンスン(ウンでもなければスンでもない)

これは内緒だが、暫くして「海の家食堂」に一人戻り、またビールをこっそりゴックン!

これがまた旨い!Hさんゴメンなさい。その後一人周りをぶらぶらするが、収穫無し。

帰りは高速に乗るまでは多少混んでいたものの2時間半、Hさんお疲れ様でした。

多分、二度と城ケ島にはる事はないと思った。
プロフィール

sorara

Author:sorara
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。